×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



いびき治療

いびきをかいていても周囲の人に迷惑をかけなければ問題ないと考えている方もいるかもしれませんが、いびきは身体に決して良くない症状なのです。まず、いびきをかいて寝ていると熟睡しているように思いがちですが、実はちゃんと眠れていない証拠なのです。いびきは気道が狭くなり、充分な酸素を取り入れることができない状態なので、脳も疲労しますし、睡眠時間はとっているのに朝がスッキリ起きることができず、寝不足と感じてしまうのです。

また、いびきがひどい方は無呼吸症候群の可能性があります。これは寝ているときに突然呼吸が10〜20秒ほど止まってしまう症状です。起きているときに20秒も息を止めるのは苦しいはずですが、無呼吸症候群の人はいびきに気付いていないように、息をしていないことにも気付いていないのです。無呼吸症候群は非常に危険ないびきです。意識がなくても身体は酸素が不足しているため寝不足になるだけでなく、心臓や血管にも負担がかかり、高血圧や心筋梗塞、脳卒中になる可能性も高くなります。家族になかに無呼吸症候群の方がいたら、本人に伝えて病院で治療してもらうようすすめてください。

いびき治療をすすめましょう!



1日10分家庭でも簡単にできる!いびきストップ完全マニュアル


いびき
いびき治療
いびき防止
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

いびき治療と防止 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

経済